グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  お知らせ >  2021年8月19日からオンラインスクールを開講します。 >  2021年9月30日 オンラインスクール第6回 訪問リハビリ ST

2021年9月30日 オンラインスクール第6回 訪問リハビリ ST


在宅医療ケアに関わる初学者向けにオンラインスクール 第6回目開催報告 
2021年9月30日 18:30~19:00
------------------------
内容:訪問リハビリ ST(言語聴覚士)
参加人数:22名
対象者:地域の在宅医療に取り組む熱意がある在宅ケアの初心者、在宅ケアに関わる人、興味のある人

作業療法の世界について概要、実例を交えてお話しいただきました。以下、内容です。
<第1部>
・言語聴覚士とは?:コミュニュケーションや食べる障害に対応。脳卒中後の言語障害(失語症、構音障害)や聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など、ことばによるコミュニケーションの問題、言語聴覚士はこうした問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施。必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行う専門職。嚥下訓練や人工内耳の調整など。
・実際の現場での工夫:話したいことのカードの利用や作製、飲み込みを見るための食事の道具の使用
・事例2例の照会

<第2部 Q&A>
・言語聴覚士の訪問におけるゴール設定 
・内服困難な時は何をつかう?
・薬剤師との連携も重要。お薬手帳にのみこみの状態を書くことで薬剤師に連絡をすることで剤形を考えることができるのではないか。
・栄養士は手軽に飲み込む道具を、家のものをつかって安く作る方法ができないかな。

※本企画は公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団の助成によります。

予約サイト:https://reserva.be/olivezschool