グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  よくあるご質問 >  訪問診療と往診は違うのですか?

訪問診療と往診は違うのですか?


訪問診療と往診には明確な違いがあります。

訪問診療とは、年齢や病気の制限はなく、お一人で通院が困難な患者さんのお宅に、あらかじめたてられた計画に基づいて、日頃から医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行うものです。

一方、往診は皆様からの求めに応じてご自宅などに伺い診療を行うことをいいます。

現在外来通院されている方の場合と置き換えますと、イメージとしては、訪問診療は定期通院、往診は救急外来の役割です。

訪問診療の目的は病気の治療だけではなく。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡などの予防、栄養状態の管理など、入院が必要な状態を未然に防ぎ、生活を安定させることが目的です。一方、しっかりした往診機能は、いざというときのためのみなさまの安心につながると考えています。

通院困難となった皆様がご自宅で安心して過ごせるようなしくみが訪問診療と往診です。当院では日々その充実を図っています。